坪井’S Story①

坪井拓弥と言います。

プロフィールをご覧頂き、ありがとうございます。

 

 

静岡県の磐田市という場所に住んでいます。

磐田って初めて聞いた〜

間違いなく、あなたはこんな事を思ったでしょう。

 

それもしょうがない。

何てったって

.

.

.

.

.

.

.

.

.

田舎ですから笑

なので磐田の覚え方をお伝えしようかと。

 

 

・「ジュビロ磐田」の磐田

・「YAMAHA」がある磐田

・「長澤まさみ」の出身地

・「EXILE AKIRA」の出身地(母校一緒)

 

 

出身地が磐田の有名人、結構いらっしゃるんです!

 

有名な企業があり、有名人の出身地なのに。。。。

誰も知らないって事は「田舎」って証拠ですね笑

 

 

磐田の話はまだまだ出来ます。

が!

お伝えしたいのはここじゃない。

 

ここからは、僕の簡単な自己紹介を。

はじめにしろっていうツッコミはなしでお願いします。

(それだけ地元LOVEって事で笑)

 

 

 

1987年に静岡県の浜松市という場所で生まれました。

僕が3歳の時に磐田市に引っ越してきて、

3歳から18歳(高校卒業)まで住むことに。

 

 

昔は、とにかく落ち着きのない子供でして…..

親にはいつも、本当に落ち着きがない子だね!なんて言われてました。

あと、あんたは一言多い!とも言われてました。

 

【一言多いエピソード】

登場人物:僕、先生、女子A、僕の母、お母さんたち

あれは、、、そう夏の暑い日。

国語の授業参観の日でした。

 

 

担任の先生が生徒を指名して、音読させたんですね。

生徒が音読を終えると….

「〇〇君、ありがとう♪上手に読めましたね!

点数で言ったら…90点ですね!」

 

こんな事言ってたんですよ。

 

何でだろう?って思ったと思いますよ、みんなもお母さん方も。

 

 

で、そのあとに言った先生の言葉。

「先生の方が上手だからな〜。

先生は得点でいったら100点です」

 

 

 

先生は笑いをとったんですね。

来ていたお母さんたちは、くすくす笑っていました。

 

 

 

 

ここで、出ちゃったんです。

まさにこのタイミング。

 

 

隣の女子Aに「先生は0点だよね!」

なんて言ったんです、小さい声で。

 

もちろん先生に聞こえないようにね。

聞こえたらマズイですから。

 

 

 

そしたら隣の女子Aが、予想だにしない行動を!!!!!

 

 

 

 

 

 

「せんせーい、坪井君が先生は0点だって言ってます!」

 

 

 

 

この時の僕の心中。

「こ、こいつ俺を売りやがった!!!!!」

 

 

あん時はビビりましたよ。

先生に聞こえないように小さな声で言ったのに。

信じてたのに。。。。

 

 

わずか8才にして人に裏切られるという笑

 

 

 

ただ、予想外だったのは…….

 

 

 

 

どっかーん

教室内、大爆笑。

(後にも先にも、あれだけの笑いをとったのはこの時だけ)

 

 

 

この状況を見て、まぁ楽しそうだからいっか♪

なんて思ったんですね!

一瞬だけでしたが。

 

後ろを見渡せば、口を抑えて笑っているお母さん方。

教室内は笑い声で埋まっていました。

 

 

 

ただ一人を除いては。

 

 

 

その姿を見た瞬間、僕は小学生ながら

やっちまったぁ!!!と思ったんですね。

そしてこの後、予想される展開が頭の中でぐーるぐる。

僕は一瞬にして恐怖に怯えるわけです。

 

 

きっと、あなたならお分かりでしょう。

 

 

下を向いて恥ずかしそうにしていた人物。

 

 

 

そうです、お察しの通り僕の母です。

 

 

 

家に帰ってきてから言われた言葉。

「あんたは一言多い!!!!」

予想通りの展開でしたね。

 

 

そりゃ怒るわなって話ですが笑

 

隣の女子Aが告げ口

親に怒られる

この経験をして、僕が思った事

「女子Aめ、俺を売りやがったな!!!」

冗談です笑

 

 

何か言う時は、まずは心の中で考えてから

言うようにしようと心に誓いました。

 

 

まぁこんな僕もすくすくと育ち中学生になるんですね。

すくすくというよりもバコーンって感じ。

小学5、6年生で身長が20cmも伸びたわけです。

 

坪井’S Story②はこちら