ビリギャルから紐解くセルフイメージ

こんにちは、坪井です。

今日は”セルフイメージ”について

お話ししていこうと思います。

 

・仕事で成果が出せない

・ビジネスで結果が出てこない

・テニスの試合で勝てない

 

こんな状態の場合は、

セルフイメージが低いのが原因の一つとして考えられます。

それぐらい、セルフイメージは大事。

是非、じっっっくりと、読んでいただけたら幸いです。

セルフイメージとは

そもそもセルフイメージって何?って話なんですが

自分が思っている自分のイメージ

こんな風に言えば、わかりやすいですかね。

 

このセルフイメージって、

実は周りの人が思っているイメージから出来てます。

 

あなたが周りから

”真面目な人”と思われていれば、

セルフイメージ=真面目になるし、

”モテる人”と思われれば、

セルフイメージ=モテる人になります。

「少しずつ変える or 一気に変える」どっちが良いのか

結論から言えば、セルフイメージは

"一気に変えること"が大切です。

大切と言うよりかは、これしかないかなって感じですね。

正直、少しずつ変えるっての厳しい。

なぜ、厳しいのか?

もしあなたが、少しずつセルフイメージを変えようとしても

周りの人のイメージ力で、元のセルフイメージに戻されてしまうんです。

(ホメオスタシスの働きと似てますね。)

 

なので、確実にセルフイメージを変えたければ

一気に変えるしかない、と思ってます。

わかりやすい話で言えば「ビリギャルのさやか」ですかね。

さやかのストーリー

ビリギャルのさやか(有村架純)の

最初のセルフイメージは"私は勉強が出来ない"

って感じですよね。

それよりも、楽しいことしたいし!みたいな。

 

ただ、坪田先生と出会ったことが

”慶應大学に行く!!”っていう目標を立てるきっかけに。

この時が、さやかがセルフイメージを一気に変えた瞬間かな、と思います。

 

で、そこから起きたこと、といえば

友達とカラオケに行くけど、さやかは勉強している。

こういう状況が続いて、

友達はさやかを遊びに誘わなくなる。

 

さやかは、大学に合格した自分をより具体的に描くため

母親と大学に行ってご飯を食べたりした。

色々あったけど、なんとか合格。

周りの人間の変化→?

 

さやかが”慶應に行く!”って、宣言したら

周りの人は「無理だろwww」みたいな感じでした。

これは、さやかのイメージが「バカ」だったから。

 

でも、さやかが本気で勉強している姿を見て

徐々に「頑張れ!」って応援するようになったんですよね。

「この調子でいけば行けそうじゃない!?」なんて思う友達も。

 

これは、さやかに対するイメージが変わった、とも言えますよね。

 

さやかのセルフイメージが完璧に

「慶應に行ける」になったから、

合格できたわけです。

 

まとめ

「周りのイメージ」

    ↓

「あなたのセルフイメージ」

こんな感じで、セルフイメージは出来上がります。

 

だから、セルフイメージを変えるには

元である「周りのイメージ」を変えてしまえば良いんです。

じゃぁ、周りのイメージを変えるためにはどうすれば良いかというと

それに見合った行動をする、って感じですかね。

 

さやかだったら、

”慶應を目指して居る人以上に勉強する”

 

もし、あなたが"真面目"というセルフイメージを持ちたかったら

真面目に見られるような行動や発言をする、ってな感じです。

今回の話が、あなたのお役に立てたら幸いです。

 

それでは、また。